iPadOS 13.4.1 片道切符のアップデート 不具合修正情報など

iPadOS 13.4.1 片道切符のアップデート 不具合修正情報など Apple
iPadOS 13.4.1 片道切符のアップデート 不具合修正情報など

2020年 4月8日リリースされたiPadOS 13.4.1。私はiPad air3を所有しているのですが、OSがiPadOS 13.3.1なので今日は久しぶりにiPadOSを更新することにします。それでは不具合も含めてiPadOS13.4.1について解説。

iPadOS 13.4.1 アップデート / 不具合情報など

iPadOS 16
iPadOS 16の登場で、iPadが外部ディスプレイに完全対応。ステージマネージャ、天気アプリ、新しいデザインのGame Center、システム全体で進化したアプリをもたらします。

iPadOS 13.4.1にはデバイスのパフォーマンスを必要とされ、一部のデバイスではパフォーマンスが低下する場合があります。アップデート後古いバージョンへ戻す際は、デベロッパー登録をしているユーザーが使用できる 「iPadOS 13.5 beta 3」 を使うことが可能:ビルドナンバー 「17F5054h」 

更新のやり方

iPadOS 13.4.1 Apple Inc. 884.8MB

現在のOSが「iPadOS 13.4」を実行している場合、かなり小さなダウンロードが表示されます。私のように以前のバージョン「iPadOS 13.3」の場合、ダウンロードは約884 MBとなった。

インストール作業時間

13.3からのアップデートで約15分

更新手順
  1. 設定APPをタップ
  2. 左側の一般をタップ
  3. 画像の①「ダウンロードしてインストール」をタップ
  4. 更新ファイルがダウンロードされる
  5. インストールが開始される
  6. インストール終了し、再起動される
  7. 起動するまで待機

※注意:インストール開始されてから再起動終了まで、途中で電源が切れないように。故障の原因になるかもしれません。

不具合の修正

iPadOS 13.4.1には、iPadで発生していたバグの修正が含まれます。

Apple.com
  • iOS 9.3.6以前またはOS X El Capitan 10.11.6以前を搭載したデバイスとのFaceTime通話にiPadOS 13.4を搭載したデバイスから参加できない問題を修正
  • 12.9インチiPad Pro(第4世代)および11インチiPad Pro(第2世代)のコントロールセンターまたはロック画面で、フラッシュライトボタンをタップしても点灯しないことがある問題に対処
  • ホーム画面で“設定” AppのクイックアクションメニューからBluetoothを選択しても反映されないバグに対処
iPadOS のアップデートについて
iPadOSはパワフルで新しいオペレーティングシステムです。iPadの特別な体験を示すために新しい名前が付けられました。iPadOSはiOSと同じ基盤の上に構築されています。大きなディスプレイを持ち、多用途に使えるiPadに固有のパワフルな新機能と直感的な機能が追加されます。このアップデートによって、複数のAppを操作...

不具合など

現在ネットでみかける不具合事情

iPadOS 13.4.1の問題には、インストールの問題、Exchangeの問題、バッテリーの消耗、ファーストおよびサードパーティのアプリの問題、Face IDの問題、UIラグ、Wi-Fiの問題、Bluetoothの問題、およびその他のさまざまなバグと、パフォーマンスの問題。

タイトルとURLをコピーしました